シーズナリティを見極めて格安航空券を手に入れる

格安航空券は、非常に安く飛行機を利用することができるのですがかなり値段の変動が激しいものでもあるのです。
それこそ、一日で値段が変動してしまうようなこともあるくらいの水ものなのでぼやぼやしていると、折角の格安航空券の安い時期を逃してしまうなんてことになってしまう場合もあります。

格安航空券の値段の変動について

旅行業界では、シーズナリティという言葉があり要はこれは季節などによって料金の変動が起こるということを示しています。
旅行業界では、オンシーズンとオフシーズンというものがあり長期休暇などで飛行機を利用する人が多い時期をオンシーズン、逆に6月や11月と言った休暇が少なく旅行に行く人が減る時期をオフシーズンというわけですがこの時期によって値段が変動するというシステムがあります。
特に、航空チケットは1月、6月、11月前後が値段が安くなりがちなので格安航空チケットを購入するのであればこのくらいの時期を狙うとより安く購入することができます。
更にお得に購入する方法は、こちらのページを(http://matome.naver.jp/odai/2139808500985626201)ご覧ください。

旅行会社によって違うシーズナリティを見極める

この、シーズナリティですが実は旅行会社によって若干の違いがあるんですね。
なので、安くなる時期と高くなる時期は旅行会社によって一律ではなくこの時期はこっちの会社ならまだ安いけど、こっちの会社はもう高くなり始めるなど、同じ時期でも旅行会社によって値段が変わってくる場合もあるのです。
だから、格安航空チケットのシーズナリティを利用してより安く購入するのであれば旅行会社を複数チェックしてその時期一番安くなっている航空会社を利用することでよりチケットの値段を抑えることができるのです。


まとめ

シーズナリティはかなり厄介なもので、折角格安航空チケットを購入するつもりのはずが、変動によってチケットの代金が二倍になってしまうなんてこともあるんですね。
なので、あらかじめ格安航空チケットを購入するさいはその旅行会社のシーズナリティの波もチェックしましょう。

関連記事:

次の記事: を読む ≫

更新情報